SMBCモビット

SMBCモビットの審査はこんな人だと落ちる!審査落ちの原因&理由を完全解説

モビット審査落ちの原因画像
「SMBCモビットの審査落ちの原因と理由が知りたい!」

SMBCモビットの審査を受ける前には、審査落ちの原因と理由を知っておきたいですよね。

それを知っておけば、自分が審査に通りそうかわかりますし、やってはいけない行動なども避けることが可能だからです。

そこでこの記事では、SMBCモビットの審査落ちの原因&理由を丁重に解説しています。

この記事を読んで、SMBCモビットの審査に通りそうか確かめ、もし通りそうなら申し込みしてください。

SMBCモビットの申込条件を満たさないと100%審査落ちだと知っておく

SMBCモビットの申込条件は、「満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」です。

このため、上記の申込条件を満たせない人は100%審査に通りません。

年齢は説明不要でしょう。

もうひとつの条件である「安定した定期収入」というのは、「毎月収入があるか?」という意味です。

よって、最低でもアルバイトやパートなどの職に就いており、毎月収入がないと審査には通りません。

SMBCモビットの審査落ちの原因は「信用情報」であるケースが多い

SMBCモビットの審査落ちの原因で一番多いのは、「信用情報」が問題になるケースです。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの信用取引の記録を指します。

信用情報に関して次のような項目が当てはまると、審査落ちの原因になりやすいです。

  • 他社の借入額と借入件数が多い
  • 延滞記録がある
  • 金融事故の記録がある

このため、上記に問題がないか次章の解説を読んで確認しておいてください。

他社の借入額と借入件数が多い

他社の借入額と借入件数が多いと、「かなりお金に困っており返済余力が少ない人」と見られやすいため、審査に不利です。

また、SMBCモビットは消費者金融であるため、「総量規制」の対象です。

総量規制とは、「貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)」は申込者の年収の1/3までしか融資してはいけない、という法律です。

このため、他社の借入額が多いと総量規制に引っかかってしまい審査に通らないことがあります。

延滞記録がある

信用情報にはクレジットカードやローン等の「返済情報」が記録されています。

このため、クレジットカードやローン等の返済日を守らないとその情報が記録され、「延滞記録」が残ってしまいます。

返済日を守らないような人は信用できないため、誰もお金を貸したがりません。

SMBCモビットも同様であるため、延滞記録があると審査に不利となり、審査落ちの原因になることがあります。

金融事故の記録がある

信用情報に「金融事故」の記録がある人は、SMBCモビットの審査に通るのは難しいです。

金融事故とは、おもに次の4つを指します。

  • 長期延滞
  • 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)
  • 代位弁済
  • 強制解約

上記が信用情報に記録されてしまうと、いわゆる「ブラック」になってしまうため、SMBCモビットの審査にはほぼ通らなくなります。

SMBCモビットの申込情報がもとで審査落ちすることもある

SMBCモビットの審査は信用情報の他に「申込情報」も合否の判断に使われます。

申込情報は「スアコリング審査」という審査に使われるのです。

スアコリング審査とは、申込情報をコンピューターで分析し、申込者の返済能力をスコア化する審査方法です。

SMBCモビットのようなカードローンの審査は、スアコリング審査を採用しているケースが一般的です。

そのため、申込情報が原因で審査落ちすることもあります。

申込情報が原因で審査落ちするのはこんなケース

申込情報が原因で審査落ちするのは、スアコリング審査のスコアが低い場合です。

スアコリング審査のスコア低くなるのは、次のように判断された場合です。

  • 収入の安定性に欠ける
  • 返済できる余力が少ない

収入の安定性なら、勤務先や雇用形態、勤続年数といった「勤務先情報」が重視されます。

よって、収入の安定性に欠ける職業であったり、勤続年数が短かったりすると、スアコリング審査のスコアが低くなることがあります。

返済できる余力なら、他社借入状況や住宅ローンの返済額、家賃などが重視されやすいです。

これらが多いほど、返済に使えるお金も少なくなると考えられるからです。

また、家族構成や居住形態なども参考にされる可能性もあります。

家族構成や居住形態によっても、申込者にかかるお金の負担は変ってくるからです。

申込情報を偽るのは絶対NG!

申込情報が審査に影響すると聞くと、審査に通りたいがために「虚偽申告」をする人も中にはいます。

たとえば、年収を実際よりも多めに申告したり、嘘の勤務先を申告したりですね。

しかし、虚偽申告は絶対やってはいけません。

虚偽申告でお金を借ることは「詐欺未遂罪」であり、契約が成立した場合は「詐欺罪」が適用になります。

悪質だと判断されると、SMBCモビットから訴えられる可能性もあるので絶対止めましょう。

そもそもSMBCモビットに虚偽申告は通用しないと思ってください。

SMBCモビット側も虚偽申告への対策はしています。

年収なら「収入証明」の提出を求めればわかりますし、勤務先も「在籍確認」があるため、誤魔化すことはできません。

SMBCモビットには「在籍確認」がある!対応できないと審査に通らない

SMBCモビットには「在籍確認」があり、申込時に申告した勤め先に電話がかかってきます。

在籍確認も審査のひとつですので、対応できないと審査に通過できません。

こう聞くと不安に思うかもしれませんが、SMBCモビットの在籍確認は難しいものではありません。

電話は「非通知・担当者の個人名」でされ、電話も早ければ1分もかからず完了します。

他人バレの心配もなく、電話自体も簡単なものですので、不安になる必要はないのです。

会社への電話がどうしても不安なら「WEB完結」がおすすめ

SMBCモビットには「WEB完結」という申込方法があります。

WEB完結とは以下のとおり、すべての手続がネット上で完結する申込方法です。

  • 連絡手段はメールのみで電話がない
  • カードの発行がない
  • 郵送物がない
  • 借入や返済はネット上からすることになる

在籍確認がなくなるわけではありませんが、電話ではなく「書類提出」という形になります。

そのため、会社への電話はなしにすることが可能です。

「会社への電話は不安・・・」というなら、WEB完結を検討してみてください。

なお、WEB完結を利用するには次の条件を満たす必要があるため、確認しておきましょう。

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座がある
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている

SMBCモビット審査まとめ

SMBCモビットの審査に落ちる人の特徴をまとめると次のとおりです。

申込条件を満たしていない次の人

  • 満20歳以上69歳以下でない
  • 安定した定期収入がない

信用情報に原因がある次の人

  • 他社の借入額と借入件数が多い
  • 延滞記録がある
  • 金融事故の記録がある

スコアリング審査が低くなりやすい次の人

  • 職業や勤続年数に問題があり、収入の安定性に欠ける
  • お金に関する負担が大きく、返済できる余力が少ない

また、SMBCモビットの審査には「在籍確認」もあるため、在籍確認の電話にもしっかり対応できないと審査には通りません。

もし、電話での在籍確認が都合悪いのであれば、「WEB完結」がおすすめです。

WEB完結なら、在籍確認を電話ではなく「書類提出」という形にしてもらえます。

-SMBCモビット

© 2020 お金借りるカードローンでおすすめは?即日で借りたい審査先7選